2002年 利家とまつ〜加賀百万石物語〜

Amazon 『利家とまつ―加賀百万石物語 (前編) (NHK大河ドラマ・ストーリー)』
https://www.amazon.co.jp/%E5%88%A9%E5%AE%B6%E3%81%A8%E3%81%BE%E3%81%A4%E2%80%95%E5%8A%A0%E8%B3%80%E7%99%BE%E4%B8%87%E7%9F%B3%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E5%89%8D%E7%B7%A8-NHK%E5%A4%A7%E6%B2%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-NHK%E5%87%BA%E7%89%88/dp/4149233357/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1549004650&sr=8-2&keywords=%E5%88%A9%E5%AE%B6%E3%81%A8%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%80%80%E5%A4%A7%E6%B2%B3

唐沢寿明さん演じる前田利家と、松嶋菜々子さん演じるまつの夫婦が主人公なのだが、今思い返してみても、まつが主人公と言っていいほど、ストーリーの中心だったような気がする。「わたくしにお任せくださりませ」というのが決め台詞で、夫の利家が困ったときにはまつが機転を利かせて内助の功、ときには自ら表舞台に立ったりと八面六臂の大活躍だった。時代考証的にどうかという議論もあろうが、強い女性を描こうとする意志を感じさせられる作品だった。大河ドラマ初の、女性が制作統括した作品らしい。

ストーリーは、前田利家とまつ、羽柴秀吉とおね、佐々成政とはる、という3組の夫婦を中心に展開する。序盤は皆が織田信長の家臣であり、同じように貧乏で、交流したり出世競争したりと、ホームドラマのようであった。3人の女たちは住むところが遠くはなれても着るものが変わっても生涯変わらない親友付き合いを続けるが、男たちはそれぞれ状況が変わっていき、秀吉は天下人となり位人臣を極める一方、成政は秀吉と対立し、攻められて最終的には切腹に追い込まれるという、男女の対比が印象的に描かれている。そんな秀吉を演じたのは香川照之さん。私にとって秀吉は、やはり『秀吉』の竹中直人さんが印象深いが、香川さんの秀吉を見て一瞬同じ人かと思ってしまったぐらい、似ていた。

織田信長を反町隆史さんが演じると聞いたときは、イメージと違いすぎてちょっと反感を持ってしまった。松嶋菜々子さんと結婚して間もなくだったこともあり、話題作りのためのキャスティングじゃないかという印象も強かった。ところが始まってみると、私の中に強くあった『秀吉』の渡哲也さんのイメージを上書きするぐらい、素晴らしくカッコイイ信長だった。特に「で、あるか」という口癖が印象的で、実際の信長も言っていたんじゃないかと思わされた。

信長と並んでカッコよかったと思うのが、松平健さんが演じた柴田勝家である。利家とまつにとって、勝家を親と慕うほど信頼のおける上司として描くことで、友人である秀吉と勝家が争う際に利家が迷い揺れる姿をより印象的にし、物語としても賤ヶ岳の戦いを一つの山場として描いていたと思う。松平健さんというと、どうしても『暴れん坊将軍』にしか見えなくて、実際に『元禄繚乱』の色部又四郎は、違和感がなかなか拭えなかった(『暴れん坊将軍』と同様の江戸時代中期が舞台で、同じようなカツラだったことも関係しているかもしれないが。吉宗がキラキラしい衣装なのに対し又四郎は一介の家老なので、劣化したようにさえ映った)。しかし、この作品の柴田勝家は、総髪に髭を蓄えていたという見た目だけでなく、貫禄があって、「おやじさま」という呼び名がこれ以上似合う人はいないんじゃないか、と思うぐらい渋かった。